HOME | ごあいさつ

 
 
 
 
 

 庄内赤川土地改良区
   理事長
   本間松弥

 
 

  ごあいさつ

 
 
 

 組合員の皆様はじめ関係皆々様からは、日頃より当改良区の業務運営並びに事業推進に対しまして、格別のご理解とご協力を賜り心より御礼申し上げます。

 当改良区においては、去る2月に第5回総代選挙が施行され、新たに60名の総代が選出されました。また、3月の役員選挙では新たな理事、監事が選出され、互選会において不肖ながら私が理事長に再任されました。今後はこれまで以上に執行部はもとより役職員が一丸となって、健全な運営と土地改良事業の更なる推進のため、その重責をしっかりと認識し身を引き締めて臨む所存でありますので、なお一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

 さて、令和2年度を振り返ってみますと、まさに、新型コロナウィルスという目に見えない脅威に翻弄された一年でありました。世界中が感染のリスクに直面し、日常生活において多くの不自由を余儀なくされ、また、緊急事態宣言による経済活動の停滞により、我々が関わる農業の世界にも大きな影を落としています。いまだに先が見通せない状況にあるわけですが、一日も早く、以前のような日常に近づくことを願うばかりであります。

 管内における事業に関しましては、平成22年に着工しました「国営赤川二期事業」が、令和3年度をもって、いよいよ完了を迎えることとなります。足掛け12年に及ぶ一大事業でありましたが、組合員の皆様はじめ、関係各所からの多くのご支援、ご協力、そして赤川農業水利事業所長をはじめとする職員皆様のご尽力により、無事完了を迎える運びとなりますことに、衷心より厚く感謝申し上げます。

 また、農地整備事業をはじめとする各種事業につきましても、順次、事業採択が決定し、毎年のように新しい事業がスタートしております。今後も、事業推進の流れを継続させるため、事業予算の確保をはじめ、国、県、関係機関との連携に最大限の努力を続けて参る所存でありますので、組合員の皆様からも引き続きのご支援ご協力をお願い申し上げる次第であります。

 末筆ながら、このコロナ禍における多くの混乱を乗り越えた先には、新たな景色が開け、再び活力ある社会を取り戻すと同時に、農業をはじめとする産業の復興において、土地改良が果たす役割は益々重要になっていくものと信じ、これからも地域農業の持続的発展と農村の振興に貢献すべく、組合員の負託に応えていくことを約束しながら、今年一年の無事故無災害と豊穣の秋を迎えられますことをご祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

 
 

ごあいさつ

 
 

  
庄内赤川土地改良区
理事長
本間松弥

 
 
 

 組合員の皆様はじめ関係皆々様からは、日頃より当改良区の業務運営並びに事業推進に対しまして、格別のご理解とご協力を賜り心より御礼申し上げます。

 当改良区においては、去る2月に第5回総代選挙が施行され、新たに60名の総代が選出されました。また、3月の役員選挙では新たな理事、監事が選出され、互選会において不肖ながら私が理事長に再任されました。今後はこれまで以上に執行部はもとより役職員が一丸となって、健全な運営と土地改良事業の更なる推進のため、その重責をしっかりと認識し身を引き締めて臨む所存でありますので、なお一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

 さて、令和2年度を振り返ってみますと、まさに、新型コロナウィルスという目に見えない脅威に翻弄された一年でありました。世界中が感染のリスクに直面し、日常生活において多くの不自由を余儀なくされ、また、緊急事態宣言による経済活動の停滞により、我々が関わる農業の世界にも大きな影を落としています。いまだに先が見通せない状況にあるわけですが、一日も早く、以前のような日常に近づくことを願うばかりであります。

 管内における事業に関しましては、平成22年に着工しました「国営赤川二期事業」が、令和3年度をもって、いよいよ完了を迎えることとなります。足掛け12年に及ぶ一大事業でありましたが、組合員の皆様はじめ、関係各所からの多くのご支援、ご協力、そして赤川農業水利事業所長をはじめとする職員皆様のご尽力により、無事完了を迎える運びとなりますことに、衷心より厚く感謝申し上げます。

 また、農地整備事業をはじめとする各種事業につきましても、順次、事業採択が決定し、毎年のように新しい事業がスタートしております。今後も、事業推進の流れを継続させるため、事業予算の確保をはじめ、国、県、関係機関との連携に最大限の努力を続けて参る所存でありますので、組合員の皆様からも引き続きのご支援ご協力をお願い申し上げる次第であります。

 末筆ながら、このコロナ禍における多くの混乱を乗り越えた先には、新たな景色が開け、再び活力ある社会を取り戻すと同時に、農業をはじめとする産業の復興において、土地改良が果たす役割は益々重要になっていくものと信じ、これからも地域農業の持続的発展と農村の振興に貢献すべく、組合員の負託に応えていくことを約束しながら、今年一年の無事故無災害と豊穣の秋を迎えられますことをご祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。