rogogtouka.png
水土里ネット庄内赤川 〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町7番35号 TEL 0235(22)2135 FAX 0235(22)2185

TOP > ごあいさつ

 春の農作業も一段落を迎え、若葉が初夏の日ざしにまぶしくかがやく季節となりました。
 皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げますとともに、日頃より本区運営にご理解ご協力を賜っておりますことに心より御礼申し上げます。
 さて、庄内赤川土地改良区も合併、設立以来、早13年目を迎え、去る3月には3度目の総代改選が行われました。今回から選挙区及び定数の見直しが行われ、9選挙区より計60名の総代が選出されました。また、3月15日開催の通常総代会において役員選挙が行われ、新たに理事16名、監事4名が選出されました。そして、4月1日より不肖私が理事長に就任いたしたわけでございますが、今一度その重責を認識するとともに、地域農業の発展と農業農村整備事業の推進に努め、土地改良区運営に誠心誠意努力いたす所存でございますので、何卒皆様からのご指導ご協力をお願い申し上げます。
 国営赤川二期事業も実施8年目を迎え、本年度においては水管理システム中央管理所の建設をはじめ、西3号、東3号下流部など幹線用水路の改修等が予定されております。また、小水力発電所も稼働開始を迎え、本年中に本区に管理が委託され、発電による売電収益は国営関連施設の維持管理費に充当されることにより組合員負担の軽減に繋がることとなります。今後も赤川農業水利事業所をはじめとする関係機関と連絡を密にし、事業の充実と早期完成を推進していく所存でございます。
 国営施設同様に昭和の圃場整備事業によって造成された施設も老朽化が進み、各地区より再整備を希望する声が多く聞こえるようになりました。現在、本区管内では未整備地区と併せて、事業実施中が2地区(広野・たらのきだい)、事業調査中が1地区(井岡)、そして本年度においては新たに4地区(黄金・岡山・宝谷・中楯)が事業調査に着手する予定であります。予算の確保にあたりご尽力いただきました関係皆様に御礼申し上げますとともに、地元の悲願でもあります事業の早期完成のため今後もご理解とご高配を賜りますようお願い申し上げる次第であります。
 昨今、国ではコメに依存した農業経営からの脱却のため、高収益作物への転換を推進しております。ここ庄内地方は全国有数の稲作地帯であり、その品質や生産技術は非常に高い水準にあるものと考えております。しかしながら、やはり時代の流れに沿った農業経営を考えていく時期にあることは否定できません。そのためにもまずはコメの生産コストの削減と省力化のために、水利施設の再整備など生産基盤の整備が必要不可欠であります。今後も土地改良の立場から地域農業の実態を伝え、組合員皆様の要望が反映されるよう関係各方面に対しても訴え続けなければならないと考えております。
 近年は組合員が土地改良区に求めるものも多様化しております。今後は、健全な地域水利と施設維持管理の充実のみならず、組合員サービスの視点から多岐にわたり皆様の負託に応えられるよう、役職員一同さらに精進努力していく所存でございますので、今後もご理解とご協力をお願い申し上げますとともに、皆様方のご健勝と今年一年の安全、そして豊穣の秋を迎えられますよう祈念いたしまして、ご挨拶といたします。

平成29年5月


rijicho2017.JPG

庄内赤川土地改良区
第四代 理事長

佐 藤 俊 介